引越しの吉日と友引

引越しの吉日と友引についてこれだけは知っておこう!

引越しの吉日と友引について

引越しは新たな出発の門出となり日であり、様々な面で配慮しておきたいといえます。

 

よく「大安吉日」という言葉を聞きますが、やはり何かするときには縁起が良い吉日を選んだほうが良く、これは引越しにおいても同じことだといえます。

 

日本ではこうした運勢暦や吉凶を見るというは広く一般的に行われている事で、“先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口”などそれぞれの意味合いを見つつ重要な日取りを決めていくことがあります。

 

よく聞くところでは、“結婚式は大安”“葬式に友引は禁忌”といったことがありますが、引越しにおいてはどのような関連があるのでしょうか。

 

まず運西暦との関連でいえば“大安”に引越しを行う事は非常によいといえます。
この“大安”には「大いに安し」という意味があり、何事においても吉へと変わり、成功しないことはない日とされています。

 

これは宗教的に言われているというよりは、中国の古い教えに根ざした日本の慣習なので、特に宗教や宗派に関係なく験を担ぎとして利用すればよいといえます。

 

では吉日がある一方で凶となる日はあるのでしょうか。

 

よくお葬式では友引が禁忌とされていますが、これは「凶事に友を引く」という意味合いとなります。

 

ですので、引っ越しにおいては友引よりも仏滅の方ができれば避けた方がよいといえます。
仏滅は「仏も滅するような大凶日」という意味合いなので、この六曜においては最悪の日だといわれています。

 

⇒ダック引越センターの料金を相場より安くなる?知らないと損する方法


ホーム RSS購読 サイトマップ